ブログ   ダウンロード 

★オーディオ アナライザの保守/校正ってなに?

投稿:コーンズテクノロジー(株) 校正・修理担当  
絞り込み条件:【記入者】コーンズテクノロジー
0 146 通報 ウォッチ

オーディオプレシジョン社製オーディオアナライザは、弊社グループ会社マイクロウェーブ ファクトリー(株)にてメーカと同じ校正サービスを提供しております。すべての校正は、米国試験認定協会(A2LA)によってISO/IEC-17025:2005に認定されております。


■測定器の校正とは? 校正が必要な理由

長年測定器を使用すると年劣化等により誤差が生ずることがあります。その誤差が測定器の精度に影響しないことを確認するために定期的に校正する必要があります。校正作業を行うことにより測定器の状態を確認、立証することができます。

人に例えますと”健康診断” に当たるかと思います。


■トレサビリティ体系図付き校正サービス

精密な校正を行うには、校正作業で使用する測定器の状態も重要となります。これらの機器が絶対的な標準値とつながっていることを表すトレサビリティ(追跡性)が重要となります。オーディオアナライザ校正の際に使用する機器はアメリカ国立標準技術研究所(NIST)に結ばれており、校正結果の信頼性が取れております。


■校正周期につきまして

同じ測定器でもお客様の使用環境、使用頻度等により測定器への負荷変わりますので作業状況、校正管理規定に よりお客様側で校正周期を設定ください。メーカでは年1回の校正を推奨しております。メーカの推奨周期より 長い校正周期を設定される場合、測定器の異常を発見時期が遅れるというリスク、測定器の信頼性が低くなる こともございます。これらを考慮した上で校正周期の時期の判断をしていただければと思います。


■測定器のお送り先:

〒193-0985

東京都八王子市館町815-1拓殖大学マイクロ波研究棟 TEST LAB

マイクロウェーブファクトリー株式会社内 AP校正担当 宛

TEL:042-673-3535


アクセス:

<JR 中央線/京王線 高尾駅(南口)下車 京王バス直通約10分 (「拓殖大学」行)>



ご不明点がございましたら ctl-ap@cornes.jp までご連絡お願いいたします。

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントする

    関連する投稿

    • 測定器に関す...(【記入者】コーン...) - QS - 2020/12/04
      APでのアコースティック測定
      0 108

      皆さんこんにちは!コーンズテクノロジーのQSです。本日はAPでアコースティック測定を行...

    • 測定器に関す...(【記入者】コーン...) - Ed - 2019/11/25
      ★管理者からのご挨拶
      0 82

      こんにちは管理者のEDです11/25から当サイトを設立しました。皆さまからご愛顧頂いており...